スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

オススメ金融商品(日本株ETF編)

ETF投資で資産を増やそう
投資の通が知る隠れた名商品、それがETF(株価指数連動型上場投資信託)です。インデックス投信同様、市場に連動する投資信託ですが、株と同じくいつでも売買が可能で、指し値注文ができ、投信に比べると保有コストが安いので長期保有に適しています。

オススメは以下のもの。(旗をクリックすると詳細に飛びます)
コード 銘柄名 対象株価指数 信託報酬
japan
1306
TOPIX連動型上場投資信託 TOPIX
0.1155
japan
1308
上場インデックスファンドTOPIX TOPIX
0.0924
japan
1321
日経225連動型上場投資信託 日経225
0.231
japan
1330
上場インデックスファンド225 日経225
0.23625
usa
1328
金価格連動型上場投資信託 1g当たりの円表示の金価格
0.525
china
1309
上海株式指数・上証50連動型上場投資信託 SSE50 Index Linked Exchange Traded Fund
0.9975

オススメの投資法は、ノーロードTOPIX投信をドルコストで積み立て、ある一定の金額になったらTOPIX ETFへスイッチング する方法です。流動性を考えると、TOPIX連動型上場投資信託(1306)が無難ですね。
スポンサーサイト
[ 2007/06/30 00:00 ] オススメ商品 | TB(0) | CM(0)

オススメ金融商品(外国籍ETF編)

ETF投資で資産を増やそう
投資の通が知る隠れた名商品、それがETF(株価指数連動型上場投資信託)です。インデックス投信同様、市場に連動する投資信託ですが、株と同じくいつでも売買が可能で、指し値注文ができ、投信に比べると保有コストが激安なので長期保有に適しています。日本株に加え、国内で買える海外ETFも増加中で、ETFだけを使ったポートフォリオの構築も可能です。


楽天ETF

僕がオススメする海外ETFは以下のとおり。(国旗をクリックすると詳細に飛びます)
Ticker Name  Share Index exp
ratio
the world
TOK
iShares MSCI KOKUSAI Index 日本を除く先進国22ヶ国を対象としたMSCI指数
0.25
usa
IVV
iShares S&P500 Index Fund S&P 500指数
0.09
euro
EFA
iShares MSCI EAFE Index Fund ヨーロッパ、オーストラレーシア(南洋州)、極東アジアの先進国 21ヶ国を対象としたMSCI指数
0.35
russia
EEM
iShares MSCI EMERGING MKT 新興諸国25ヶ国を対象としたMSCI指数
0.75
usa
AGG
iShares LEHMAN AGGREGATE BOND リーマン債券総合指数
0.20
usa
GSG
iShares S&P GSCI COMMODITY INDEXED TRUST S&P GSCI トータルリターン指数
0.75
usa
IYR
iShares DJ US REAL ESTATE Index ダウ・ジョーンズ米国不動産指数
0.48


ノーロード投信をドルコストで積立て、ある一定の金額になったらETFにスイッチするのが賢明ですね。
外国籍ETFは動きが早いので、随時更新していきます。
[ 2007/06/30 00:00 ] オススメ商品 | TB(0) | CM(0)

オススメ金融商品(投資信託編)

運用コストの安い金融商品
僕は、主としてインデックス運用を採用しています。インデックス運用のパフォーマンスは運用コストで決まりますので、自動的に手数料で選択することになります。運用コストには買付手数料、信託報酬のほか、委託手数料や管理手数料といった目録書には記載されない費用が掛かりますので、トータルで考える必要があります。

***

以下に実質的なコストを記載しますのでご参考ください。(カッコ内の数字は信託報酬です)

国内株式
TOPIX連動型投資信託

海外株式
MSCI-KOKUSAI連動型投資信託(為替ヘッジなし)

海外債券
1.各国ゼロクーポン債

  • 野村證券大和證券日興コーディアル証券 が数多くのゼロクーポン債を取り扱っています。
    (※外国で発行されるゼロクーポン債(外国債)は、償還すると償還差益が雑所得として課税されます。途中で売却した場合は、損益は譲渡所得として扱われます。譲渡所得には50万円の課税控除枠があるため、途中売却を前提に購入しましょう)

2.シティグループ世界国債連動型投資信託(為替ヘッジなし)

上に挙げた商品は、運用の中身が明確なモノばかりなので安心して長期で保有できます。
チキンハートはこの辺りで選択しておくのが良いのではないでしょうか?


(2007/12/14更新)
[ 2006/11/03 00:00 ] オススメ商品 | TB(0) | CM(1)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。